2013年01月30日

ひきこもりからの脱出




不登校・引きこもりを解消するには、あなたが今まで常識だと思っていたことを否定し、

逆に、非常識だと思っていたことをどんどん進んでやる必要があります。


たとえば、子供を甘やかしてはいけないとか、わがままに付き合ってはいけないと考えられがちですが、

引きこもりを解消するにはまず、子供の言うことをすべて聞き入れてあげる必要があります。


子供というのは、思春期を過ぎたころであっても、親の愛情を無意識のうちに常に探って確認し続けているもので、

まずは、子供に対して絶対の愛情を注いであげなければ、親であるあなたに子供がきちんと向き合ってくれることはありません。

fi05.jpg

逆に言えば、子供にとってあなたが最大の理解者であるという揺るぎない信頼関係さえ再構築することができれば、

みるみるうちに、子供は自信を取り戻していき、引きこもり解消のきっかけをつかめるようになります。



伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDについて、ここでは内容を整理してポイントをいくつか挙げていくと、

↓のようになっています。

不登校・ひきこもり・非行・家庭内暴力など問題行動の原因は幼児の頃から始まっているのはどうしてか?

子供への正しい叱り方とは?

親が子供に絶対にやってはいけない行動とは?

我が子がいじめにあった場合の具体的な対処方法とは?





伊藤幸弘さんのホームページには、不登校ひきこもり解決DVDのおかげで本当の親子関係を取り戻した人たちの体験談が紹介されています。


fi03.jpg

息子の不登校の理由がわかり今は毎日楽しく学校へ通っています

修学旅行に行ける日が来るとは2年前には夢にも思いませんでした

中退した引きこもりの娘が「再度、通信制の学校に行きたい」と言ってくれました

たった1か月であれだけ苦しんだ娘の不登校が解決できました!





こうした声にあるように、不登校・ひきこもりになってしまった場合には、

正しい接し方、正しい叱り方というのがあり、間違ったやり方をしてしまうと、子供のひきこもりはますますひどくなり、

あなたへの信頼もますます低下する一方です。



引きこもりを改善するには、子供だけが頑張っても意味はなく、親のあなた自身が変わることも絶対に必要なことで、

逆に言えば、あなたさえ、適切な接し方ができるようになると、↓のようになることは、それほど難しいことではありません。


fi03.jpg

子供の相談に乗ってあげることができる

子供の元気な姿がよみがえる

胃までよりもずっと温かい家庭ができる

自分が今何をすべきかはっきりとわかる




fi06.jpg

引きこもりが長引いて社会復帰するのが非常に難しくなってしまう前に、親子関係を改善することから始めて短期間で不登校を解消するにはこちら









posted by 伊藤幸弘 at 08:27| 伊藤幸弘 評判 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。